トップページ > ブログ > L-2家族として米国に滞在していた人が、その後L-1の駐在員として派遣されることになった場合
ビザセミナー

記事検索


L-2家族として米国に滞在していた人が、その後L-1の駐在員として派遣されることになった場合

Blanket Lビザで滞在する場合、滞在可能年数はL-1Bは累計5年、L-1Aは累計7年ですが、
L-2家族として米国に滞在していた人が、その後L-1の駐在員として派遣されることになった場合、
L-2で米国に滞在していた期間の滞在日数がL-1の駐在員として滞在する際の滞在日数に
影響するかどうかをシンデル事務所に確認しました。

L-2でのアメリカ滞在期間はL-1取得可能最大期間に対してはカウントされない、との見解です。

このページのトップへ