トップページ > ブログ > 主たる申請者がE-1からE-2にビザを変更した場合のアメリカに滞在している家族のステータス
ビザセミナー

記事検索


主たる申請者がE-1からE-2にビザを変更した場合のアメリカに滞在している家族のステータス

日米間の貿易比率が50%を切るため、米国拠点のEビザ登録をE-1からE-2に変更します。主たる申請者が帰国して先にE-2ビザを取得した場合、アメリカに残っている家族のE-1の滞在ステータスはどうすればいいのでしょうか。

シンデル外国法事務弁護士事務所に問い合わせたところ、主たる申請者がアメリカに戻り次第、家族の滞在ステータスをE-1からE-2に変更する手続きを移民局で行うべきとの回答でした。

このページのトップへ