トップページ > ブログ > ビザ面接でRFE(221g) となり、結果ビザがIssuedとなったケースについて
ビザセミナー

記事検索


ビザ面接でRFE(221g) となり、結果ビザがIssuedとなったケースについて

申請者が将来的にESTAを申請する際、「米国へのビザを拒否されたことがありますか?」という質問には「YES」と回答するべきと考えます。 その根拠は以下のとおり。

○CBPサイト
http://integrity-legal.com/legal-blog/us-visa-immigration/221g-denials-esta-authorization-and-us-immigration/

上記に以下記載があり、「米国へのビザを拒否されたことがありますか?」という質問に対して221g拒否を拒否として扱うとしている。

In many cases, 221(g) refusals are routine and they usually do not have a detrimental impact upon travelers to the USA.
However, in recent months it has been announced that the Customs and Border Protection (CBP) Service treats 221g refusals as denials when posing the question “have you ever been denied a visa to the USA” on the ESTA registration form. It would appear that the ESTA system “red flags” those who have been “denied” a prior visa and asks that some of these applicants receive an actual visa (in most cases a US tourist visa) before traveling to the USA which could cause delays to those wishing to enter the country.

○大使館サイト
https://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-221ginfo.asp

米国移民国籍法第221(g)条による申請却下は、申請に必須の情報が足りないこと、または事務手続きのために保留であることを意味します。米国移民国籍法(INA)第221(g)条に基づきビザ申請が却下になる場合は、面接終了時に領事からその旨を伝えられます。領事はあなたの申請は追加手続きが必要になるのか、追加書類の提出が必要なのか指示します。

このことからも 221g=RFE も結果がどうあれ、拒否の一部と見做します。

【補足】
ESTAのサイトは2019年11月にリニューアルされており、これまで存在していた”ビザ申請拒否をされた理由”を記載する覧がなくなり、YESかNOの選択だけになりました。

このページのトップへ