トップページ > ブログ > 公立学校への留学について
ビザセミナー

記事検索


公立学校への留学について

国務省のサイトには以下のように記載されています。
米国の法律では、留学生が公立小学校(幼稚園から8年生まで)もしくは公的資金による成人教育プログラムに入学することを許可していません。従って、このような学校で学ぶ場合、 F-1 ビザは発給されません。
F-1ビザは公立高等学校(9年生から12年生)への入学には発給されますが、在学期間は最長12カ月間に制限されます。また、学校側は、学生が学費および留学費用を自費で支払い済みであることを、I-20 フォームに記載しなければなりません。
A、E、F-2、G、H-4、J-2、L-2、M-2 または他の非移民家族ビザの保有者は、公立小学校および高等学校に入学することができます。
https://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typefandm.asp#visadescription

このページのトップへ