トップページ > ブログ > パスポートの残存期間が短いため、切り替えを求められた
ビザセミナー

記事検索


パスポートの残存期間が短いため、切り替えを求められた

以前ブログで「ちなみに日本人の場合は1日でも有効なパスポートがあればビザは申請できます。」と書きました。(https://www.green-f.biz/blog/blog-349/)

ところが先日あるお客様はビザ取得後にパスポートを切り替えると説明したものの、数か月の有効期限では短いと判断され、パスポートの切り替え後のビザ発給になりました。これまで弊社ではこのようなケースを経験したことがなく、今回が例外的なのかは判断ができません。

ただ原則としては滞在予定期間をカバーするだけの日数がビザを申請するうえでも必要となっています。
(https://www.ustraveldocs.com/jp/jp-gen-faq.asp#qlistgen1)
ビザ申請でのトラブルを避けるのであれば、残存期間が1年を切った場合はパスポートの切り替え後にビザ申請をすることをおすすめします。

このページのトップへ