トップページ > ブログ > 居住地以外でのビザ申請について
ビザセミナー

記事検索


居住地以外でのビザ申請について

ビザはアメリカ国内で取得することができない為、必ずアメリカ国外で申請/取得する必要があります。その中でも、B、F、H(H1を除く)、J、M、O2、P、およびQビザは、アメリカ国外の「居住地」でのビザ申請が要求されます。

「居住地」をFAMでは「居住地とは、その人の意図に関係なく、実際に住んでいる主な場所」と定義しています。したがってB、F、H(H1を除く)、J、M、O2、P、およびQビザの場合は、アメリカ国外の主たる居住地でビザを申請する必要があります。

一方LビザやEビザの申請条件にこの「居住地」は要件に含まれておらず、アメリカ国外であればどこでも申請は可能です。 ただし日本人のEビザの場合、東京の米国大使館または大阪の総領事館に登録されている米国拠点の情報をもとに審査が行われるため、日本以外の居住地での申請はお勧めしておりません。

9 FAM 401.1-3(F)(2) Residence Abroad Defined (CT:VISA-225; 10-20-2016)
  a. The term “residence” is defined in INA 101(a)(33) as the place of general abode; the place of general abode of a person means his principal, actual dwelling place in fact, without regard to intent. This does not mean that an alien must maintain an independent household in order to qualify as an alien who has a residence in a foreign country and has no intention of abandoning. If the alien customarily resides in the household of another, that household is the residence in fact. NOTE: Only the following visa categories are subject to residence abroad requirements: B, F, H (except H1), J, M, O2, P, and Q. When adjudicating this requirement, it is essential to view the requirement within the nature of the visa classification. Discussion of the requirement in the relevant sections will provide guidance.

このページのトップへ