トップページ > ブログ > DS-156Eには全て正しい情報の入力が求められています。
ビザセミナー

記事検索


DS-156Eには全て正しい情報の入力が求められています。

Eビザの申請で提出が求められるDS-156E Part1,2のチェックが最近厳しくなっています。

DS-156E Part2 #15のスタッフリストは米国拠点の従業員が多い場合、国籍やビザの取得日など入手に大変手間がかかることもあります。弊社もこれまではお客様の指示で該当箇所を空欄のままDS-156Eを提出したこともありますが、今回大使館から以下のような指示を受けました。

「DS-156Eは、全て正しい情報を記載して下さい。氏名、国籍等も正確に記入して下さい。」

財務情報、貿易実績に限らず、DS-156Eは全ての情報を正しく入力することが求められています。

このページのトップへ