トップページ > ブログ > 雇用先が買収された場合のLビザ
ビザセミナー

記事検索


雇用先が買収された場合のLビザ

Lビザで働いていた米国現地法人が資本関係のない会社に買収された場合、引き続きLビザで働き
続けられるのでしょうか。

ある移民法弁護士の見解です。

Lビザで働いていた人は買収した会社に1年間在籍していませんが、引き続きその会社でLビザで
就労することができます。会社名や業務内容に変更がなければ、特に移民局への修正申請も必要
ありません。

このページのトップへ