トップページ > ブログ > L-1Bの延長申請に関するポリシー変更
ビザセミナー

記事検索


L-1Bの延長申請に関するポリシー変更

10月23日に移民局がPolicy Memorandumをだしました。
https://www.uscis.gov/sites/default/files/USCIS/Laws/Memoranda/2017/2017-10-23Rescission-of-Deference-PM6020151.pdf

簡単に言えば、L-1Bの延長申請を初回の審査結果に関わらずきちんと審査しま
す、という内容です。

グリーンフィールドは移民局のペティション申請は移民法弁護士に依頼している
ので実際のところどのように変わるのか分からないので、シンデル外国法事務弁
護士事務所の吉窪さんにコメントを求めました。

吉窪さんによると、
「これまで延長申請では初回の審査結果を尊重するのが基本だったが、今後は延
長申請を独立したものとして審査すべき、と方針が変わる。そのため初回の申請
では認められた同じL-1BのSpecialized Knowledgeが延長申請では認められなく
なる可能性がある。特にIT業界などでは数年前には専門的だったものが、もう専
門性は認められないと判断されるかもしれない。

実際どのように変わるかは今後の審査結果を見ないとはっきりしたことは言えな
いが、RFEや却下は増えると予想される。」
とのことでした。

このページのトップへ