トップページ > ブログ > 家族の就労
ビザセミナー

記事検索


家族の就労

Eビザ、Lビザ、そしてJビザでは、配偶者は移民局で就労許可証(EAD:
Employment Authorization Document)の発給を受けることができ、
就労許可証に記載されている期間はビザステータスを維持している限
り、合法的にアメリカで就労することが可能です。
配偶者がアメリカに滞在中も引き続き日本で所属していた企業の業務
を在宅で行う場合、これらのビザを保有する時はEADを取得すること
を勧めています。

では主たる申請者がFビザの場合はどうでしょうか。大使館のウェブ
サイトには以下のように書かれています。
「在宅勤務:
米国外に本社を置く企業のためにコンピュータープログラマーとして
在宅勤務をする目的で米国に一時的に滞在する方で、下記条件を満た
す場合はB-1ビザに該当します。

米国外の会社で雇用されていること
滞在に必要な経費以外に米国を源泉とする報酬を受けないこと
専門分野の学士またはそれ以上の学位を必要とする仕事に従事してい
る方や同等の教育を受けている方
B-1ビザの条件を満たしていると確信される方は審査しますので申請
してください。
就労あるいは学生ビザを所持する方の配偶者は、家族用ビザおよび
B-1ビザの両方を申請することができます。入国時には、移民審査官
に同行家族としての滞在および日本の雇用主のために在宅勤務をする
意思があることを述べてください。」

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typeb1b2.asp#%E5%9C%A8%E5%AE%85%E5%8B%A4%E5%8B%99

F-2ビザとB-1ビザの両方を申請することができると書かれていますが、
同時に申請できるのか、その場合どのように申請書類を作成するのか
(ビザ料は同じ)、滞在中のステータスはFビザなのかBビザなのか、
滞在許可はI-20に準ずるのか180日なのか、コンピュータプログラ
マー以外でも適用されるのか...

どなたかご存知でしたら教えてください。

このページのトップへ