トップページ > ブログ > 取得したLビザでいつから入国できるか?
ビザセミナー

記事検索


取得したLビザでいつから入国できるか?

国務省のHPには以下のように書かれています。

「大使館もしくは領事館は、I-797 に記載された雇用形態が開始される最大90日前に H、L、O、P もしくは Q ビザの申請を処理することができます。ただし、渡航計画を立てられる場合は、連邦規則により、申請されたビザは I-797 に記載されている就業開始許可日の10日前からのみ米国に入国することができることにご注意ください。」
http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typework.asp#whentoapply

これを読むとI-797に記載されている就業開始日の10日前から入国できそうです。しかし別のページには以下のように書かれています。

「Q.5 いつ、米国に入国できますか?
Lビザ(ブランケットLも含む)はI-797またはI-129Sに記載されている雇用開始日より前に入国することはできません。その他の就労ビザは、I-797または雇用通知書に記載されている雇用開始日の10日前まで米国に入国することはできません。」
http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-gen-faq.asp#qlistwork5

FAM(Foreign Affairs Manual)を見るとペティションが有効であることが条件となっています。

9 FAM 402.12-16(A)  Admission Only During Validity of Petition
a. A beneficiary may apply for admission to the United States only while the individual or blanket petition is valid.  The beneficiary of an individual L petition must not be admitted on a date past the validity period of the petition.  The beneficiary of a blanket petition may be admitted for up to three years even though the initial validity period of the blanket petition may expire before the end of the three-year period.  If the blanket petition will expire before the end of the three-year period, the burden is on the petitioner to file to extend the validity of the blanket petition, or to file an individual petition on the alien’s behalf to authorize an alien beneficiary’s L status in the United States.
https://fam.state.gov/FAM/09FAM/09FAM040212.html

グリーンフィールドでは、LビザはI-797やI-129Sに記載される就労開始日以前に入国はできないと考えます。

このページのトップへ