トップページ > ブログ > 面接への小さなお子さんの帯同
ビザセミナー

記事検索


面接への小さなお子さんの帯同

大使館のHPには以下のように書かれています。
「入館は予約をお持ちのビザ申請者に限られます。」
https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/nonimmigrant-visas-ja/visiting-the-embassy-or-consulate-ja/

また面接予約確認書にも以下の記述があります。
「入館できるのはビザ申請者本人に限られます。16 歳以下の子どもに付き添う保護者を除き、予約のない家族や友人の同伴はいかなる状況でも認められません。」

どこにも預けることができない小さいお子さんを面接に同行してもいいかというご質問を弊社もよくいただきます。その際は「弊社のお客様でお預けになることのできない小さなお子様がご一緒に入館できなかったケースはありませんが、大使館の職員の判断となります。ご注意下さい。 」とご案内しています。

今回いくつかの質問の中でお子さんの帯同について質問したところ、大使館から以下のような回答がありました。

「はい、お子様を連れて来られても結構です。
面接当日は、お子様が遊べる小さいおもちゃや本などをご持参いただいても結構です。待合室にはお湯、飲み水、ジュースなどの自動販売機が用意されています。また、正門でのセキュリティーチェック用に、念のためお子様のパスポート又は身分証明書をご持参ください。 」

ただ特定の申請に関する質問の回答をもってお子さんを帯同しても問題ないということにはなりません。お子さんを帯同する場合は、一度確認してはどうでしょうか

このページのトップへ