トップページ > ブログ > 家族が米国に滞在したままのビザの切り替え
ビザセミナー

記事検索


家族が米国に滞在したままのビザの切り替え

主たる申請者はH-1Bの期限が切れるため、帰国してEビザに切り替える。一方家族は子どもの夏休みに合わせて帰国してEビザに切り替えたい。家族のI-94はそれまで有効。主たる申請者が家族の出国前にアメリカに再入国すると、主たる申請者はEビザ、家族はH-4とステータスが違う。問題はないか、という質問がありました。

主たる申請者がEビザで再入国した時点で、家族も同じEビザのステータスを持っているべきです。そのため主たる申請者の帰国前に家族と一緒にEビザにステータス変更します。そして変更後、主たる申請者は帰国し、Eビザを取得します。移民法弁護士によると主たる申請者が再入国後に速やかに移民局に対して家族のステータス変更を申請して認められることもあるようですが、移民局の対応もきびしくなってきたいるため、リスクがあるかもしれないとのことです。

このページのトップへ