トップページ > ブログ > Lビザ(Blanket Lビザ)で認められる子会社
ビザセミナー

記事検索


Lビザ(Blanket Lビザ)で認められる子会社

Eビザと異なり、Lビザで子会社として認められるのは資本比率50%以上だけではありません。

CFR Title8 214.2 (l)(1)(ii)(K)
Subsidiary means a firm, corporation, or other legal entity of which a parent owns, directly or indirectly, more than half of the entity and controls the entity; or owns, directly or indirectly, half of the entity and controls the entity; or owns, directly or indirectly, 50 percent of a 50-50 joint venture and has equal control and veto power over the entity; or owns, directly or indirectly, less than half of the entity, but in fact controls the entity.

子会社とは、親会社が直接または間接的に以下の条件のもと所有している会社、企業またはその他の法人を意味します:
(ア)法人の半分以上を所有し、法人を支配している。あるいは、
(イ)法人の半分を所有し、法人を支配している。あるいは、
(ウ)折半出資会社の50%を所有し、また法人に対して均等な支配権および拒否権を有している。あるいは、
(エ)法人の半分以下しか所有していないが、事実上法人を支配している。

https://www.ecfr.gov/cgi-bin/text-idx?SID=8b9af1d66038d95de2d78ec954443090&mc=true&node=pt8.1.214&rgn=div5

このページのトップへ