トップページ > ブログ > Eビザ保持者がいなくなった時のEビザ企業登録
ビザセミナー

記事検索


Eビザ保持者がいなくなった時のEビザ企業登録

Eビザ企業登録の有効期間に関して大使館のHPでは以下のように説明がされています。
「Eビザ資格を有してると判断され、当大使館又は領事館にて登録された企業は、当大使館または領事館で発行された有効なEビザを持っている社員が1人でもいる限り、当該企業の登録は有効です。」
https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/nonimmigrant-visas-ja/e1-e2-visas-ja/apply-step-1-ja/

そのため、Eビザ保有者がEビザカンパニーにいなくなった場合、Eビザ企業登録は抹消される、というのが弊社の基本的な考え方です。

ただし運用上はケースによって状況を考慮されることもあります。あるお客様のケースでは、Eビザを保有する駐在員の方が急逝されました。Eビザ保持者がいない期間が発生しましたが、半年以内であればEビザ登録をし直さなくてよい、という判断が出ました。

このページのトップへ